東スポnote

東京スポーツ新聞社の紙面で過去に掲載された連載がまとめて読めたり、ココだけしか読めない…

東スポnote

東京スポーツ新聞社の紙面で過去に掲載された連載がまとめて読めたり、ココだけしか読めないコンテンツがあったりします。できる範囲で頑張ります。

ストア

  • 商品の画像

    キャトられテーシャツ ホワイト/モノクロ

    WEBサイト「TOCANA」との東スポ1面風コラボTシャツが発売! TOCANA総裁の角由紀子さんの証言を元に、新たに記事を書きおろした東スポ1面風のデザインTシャツです。角さんの衝撃体験を読める仕様となっております! ◆Tシャツ 5.6オンスの厚みで高品質な「Printstar」のTシャツを使用しております。 ◆Tシャツお取り扱いの注意 洗濯する場合はソフト洗いで、洗濯槽にあまり衣類を詰め込まない状態をオススメいたします。ひっくり返して、ネットに入れて、ソフト洗いしていただく事を推奨しています。タンブラー乾燥やドライクリーニングは厳禁となります。 アイロンをかける際はあて布の上からかけ、直接アイロンが触れないようにお願いいたします。 ◆素材 綿 100% ◆サイズ(cm) M 着丈:65.5 身幅:50.5 肩幅:46.5 袖丈:19.5 L 着丈:70.5 身幅:54.5 肩幅:48.5 袖丈:21.5 XL着丈:75 身幅:57.5 肩幅:52.5 袖丈:23.5 ◆送料 こちらの商品は1枚につき別途300円の送料がかかります。ご了承ください。 ◆配送について 発送は土日祝日を除く営業日の発送となります。 年末年始休業、GW休業、夏季休業中の配送につきましては、別途お知らせにて表記いたしますが、営業日の関係上、平常時より発送が遅くなりますのでご注意ください。 ◆返品について お客様都合による返品はお受け致しかねます。 購入前に商品詳細をよくご確認の上、ご購入くださいますようお願い申し上げます。
    5,500円
    トウキョウスポーツONLINE SHOP
  • 商品の画像

    キャトられテーシャツ ホワイト/カラー

    WEBサイト「TOCANA」との東スポ1面風コラボTシャツが発売! TOCANA総裁の角由紀子さんの証言を元に、新たに記事を書きおろした東スポ1面風のデザインTシャツです。角さんの衝撃体験を読める仕様となっております! ◆Tシャツ 5.6オンスの厚みで高品質な「Printstar」のTシャツを使用しております。 ◆Tシャツお取り扱いの注意 洗濯する場合はソフト洗いで、洗濯槽にあまり衣類を詰め込まない状態をオススメいたします。ひっくり返して、ネットに入れて、ソフト洗いしていただく事を推奨しています。タンブラー乾燥やドライクリーニングは厳禁となります。 アイロンをかける際はあて布の上からかけ、直接アイロンが触れないようにお願いいたします。 ◆素材 綿 100% ◆サイズ(cm) M 着丈:65.5 身幅:50.5 肩幅:46.5 袖丈:19.5 L 着丈:70.5 身幅:54.5 肩幅:48.5 袖丈:21.5 XL着丈:75 身幅:57.5 肩幅:52.5 袖丈:23.5 ◆送料 こちらの商品は1枚につき別途300円の送料がかかります。ご了承ください。 ◆配送について 発送は土日祝日を除く営業日の発送となります。 年末年始休業、GW休業、夏季休業中の配送につきましては、別途お知らせにて表記いたしますが、営業日の関係上、平常時より発送が遅くなりますのでご注意ください。 ◆返品について お客様都合による返品はお受け致しかねます。 購入前に商品詳細をよくご確認の上、ご購入くださいますようお願い申し上げます。
    5,500円
    トウキョウスポーツONLINE SHOP

ウィジェット

マガジン

  • 【プロ野球】シモノハナシ

    下柳剛氏の連載をまとめました

  • 競馬

    競馬ファンはもちろん、ウマ娘に夢中な人も楽しめる記事をまとめました!

  • 【プロレス】ターザン後藤「我がプロレス交遊録」

    2006年に掲載されたターザン後藤の連載を復刻しました。

記事一覧

固定された記事

1972年ミュンヘン五輪で金!のバレーボール男子代表も「美男子ぞろい」という記述を発見したよ

まもなくパリ五輪が始まりますね。なかでも、石川祐希、高橋藍らを擁するバレーボール男子日本代表は現在、世界ランキング2位につけており〝史上最強軍団〟との呼び声も上…

東スポnote
20時間前
2

6度の日本一に導きながらも「つまらない野球」と批判された森祇晶監督【石毛宏典連載#10】

前の話へ / 連載TOPへ / 次の話へ 勝つための習慣が体に染みついていた常勝軍団 西武は1985年からリーグ4連覇、90年からはパ・リーグでは初となる5連覇を…

東スポnote
17時間前
4

女装で値引き!どこが線引き?

 じわじわと、確実に、売れ始めているような気がしないでもないドキュメンタリー芸人・コラアゲンはいごうまん。東スポにおける〝実録連載〟を復刻しています。 ×   …

東スポnote
17時間前
2

ゴルゴ13をライバル視した青木篤志「特別仕様なのか?それともデューク東郷の腕がいいのか…」【豪傑列伝#25】

 狙った獲物は逃さない。誰からともなく“有明のゴルゴ13”“金髪スナイパー”と呼ばれるほど、独特の殺気を持った男がいる。ノアの青木篤志だ。リング上ではスピーディ…

東スポnote
21時間前
7

希望の部署じゃなかった君と僕へ

新聞社に勤務しているというのに記事よりエッセイを書く方が好きだ。なんでかはわからないけれど、良い気持ちを良いリズムで書けたときは心臓がドキドキして夜眠れなくなる…

東スポnote
7日前
34

見知らぬ人から「二流」と言われて陶芸を始めた【石毛宏典連載#9】

前の話へ / 連載TOPへ / 次の話へ パジャマみたいと不評だった〝最強の青ユニ〟 常勝・西武のトレードマークといえば上下、ライオンズブルーと呼ばれる青のビジタ…

東スポnote
7日前
3

夫との面倒なセックスより推し活!?女性たちの本音

 性は生なり! 日本の婚姻関係にある人のセックスレスが48・3%(日本家族計画協会による「第9回男女の生活と意識に関する調査」)。したくない理由の1位は男性「相…

東スポnote
7日前
8

カズ・ハヤシ「食いたくなったら食う。行きたくなったら行く。お金もためない!」【豪傑列伝#24】

 カズ・ハヤシは、マット界きっての食通である。プライベートでは「特にやることもない」というほどの無趣味人間だが、デビュー時から続けているのが“弾丸グルメツアー”…

東スポnote
7日前
14

恐怖と歓喜の連続!「都電プロレス」に自腹で乗ってきた

東スポnoteをご覧くださっている皆さま、ご無沙汰しております。新幹線プロレス観戦記以来、2度目の出番がやってまいりました。総合制作部の菊池です。今回はDDTプロレスが…

東スポnote
2週間前
51

1985年、東スポの「広岡監督辞任」スクープには驚いた【石毛宏典連載#8】

前の話へ / 連載TOPへ / 次の話へ 秋山幸二、工藤公康、渡辺久信、郭泰源…若手が一気に台頭してV奪回 プロ野球が1950年に2リーグに分かれてから今年で63回…

東スポnote
2週間前
5

奈良・若草山「鹿せんべいとばし大会」で準優勝したものの…

 じわじわと、確実に、売れ始めているような気がしないでもないドキュメンタリー芸人・コラアゲンはいごうまん。東スポにおける〝実録連載〟を復刻しています。 ×   …

東スポnote
2週間前
8

国際電話に150万円使った西村修「ケンカと愛の確認作業に…」【豪傑列伝#23】

 西村修は自他共に認める国際派レスラーだ。米国・フロリダに生活拠点を置き、これまでに訪れた国は26以上。世界レベルで活動を続けているだけに、国際人ならではの豪傑…

東スポnote
2週間前
2

知識がないからって、できないことはない

初めまして!新入社員の栗栖歩乃花です! 新入社員が任されている「新人note」。これまでの3人の文章からでも伝わるクセ強な感じ…。そんな同期と配属後、離れ離れになっ…

東スポnote
3週間前
30

読書はノイズ、新聞もノイズ、VIVAノイズ

1か月に読む本ですか? そうですねー、今は4~5冊くらいですかね。え、そんなに読んでるのかって。いやいや、驚かれても…、だって、たったの4冊ですよ。働いていると…

東スポnote
3週間前
13

オールスターは先輩選手から学ぶ絶好の勉強の場【石毛宏典連載#7】

前の話へ / 連載TOPへ / 次の話へ 広岡達朗さんからチームリーダーの教育を受けた 2012年1月から2月にかけて広岡達朗さんが中日や阪神などでコーチ、選手を…

東スポnote
3週間前
2

48.3%…じわじわ進む日本人のセックスレス化

 性は生なり! 3月に発表された日本家族計画協会による「第9回男女の生活と意識に関する調査」で、やはり日本人のセックスレス化がじわじわと進んでいることが分かりま…

東スポnote
3週間前
11
固定された記事

1972年ミュンヘン五輪で金!のバレーボール男子代表も「美男子ぞろい」という記述を発見したよ

まもなくパリ五輪が始まりますね。なかでも、石川祐希、高橋藍らを擁するバレーボール男子日本代表は現在、世界ランキング2位につけており〝史上最強軍団〟との呼び声も上がるほどです。待望の金メダルに手が届けば1972年のミュンヘン五輪以来52年ぶりの快挙です。 ミュンヘン五輪の日本代表はどんな感じだったんだろう……? その謎を解き明かすべく過去の東スポ紙面を掘り起こしていたら、当時の日本代表も「アジアの歴史が始まって以来の美男子ぞろい」というびっくりな記述を見つけてしまいました!

6度の日本一に導きながらも「つまらない野球」と批判された森祇晶監督【石毛宏典連載#10】

前の話へ / 連載TOPへ / 次の話へ 勝つための習慣が体に染みついていた常勝軍団 西武は1985年からリーグ4連覇、90年からはパ・リーグでは初となる5連覇を達成する。この10年間で9回のリーグ優勝、6度の日本一。V逸した89年も優勝した近鉄とは勝率2厘の差だった。「絶対的な強さの秘密は何だったのですか」と聞かれることも多い。勝つための条件はたくさんある。これらの要素が揃わなければ常勝軍団は完成しなかった。  まず攻守ともにバランスの取れた戦力が整っていたこと。この戦

女装で値引き!どこが線引き?

 じわじわと、確実に、売れ始めているような気がしないでもないドキュメンタリー芸人・コラアゲンはいごうまん。東スポにおける〝実録連載〟を復刻しています。 ×     ×     ×  目を疑いました。熊本のメーンストリートわきにある成人映画館。料金表を見ると、一般1300円のところ、以下の方は1000円になる、と。  ①60歳以上  ②学生及び駐車割引  ③女性及び女装の方  …って女装!? こんなエサをぶら下げられてスルーするわけにはいきません。僕の女装が通用する

ゴルゴ13をライバル視した青木篤志「特別仕様なのか?それともデューク東郷の腕がいいのか…」【豪傑列伝#25】

 狙った獲物は逃さない。誰からともなく“有明のゴルゴ13”“金髪スナイパー”と呼ばれるほど、独特の殺気を持った男がいる。ノアの青木篤志だ。リング上ではスピーディーな関節技を得意とする青木は、自衛隊時代は銃の扱いに卓越し、射撃の名手として知られていたという。  青木が自衛隊に入隊したのは、高校卒業後の1996年4月。まず最初に埼玉・朝霞駐屯地で半年間の新隊員教育を受けた。予想以上に厳しい訓練が待ち受けていたが、青木は自分の特殊な能力に気がつく。  銃は使った後に入念な手入れ

希望の部署じゃなかった君と僕へ

新聞社に勤務しているというのに記事よりエッセイを書く方が好きだ。なんでかはわからないけれど、良い気持ちを良いリズムで書けたときは心臓がドキドキして夜眠れなくなる。思い返すとそんな風になったのは小学校3年生の国語の時間だったと思う。1枚の絵をみて、その絵に合わせた物語を完成させようという課題で、当時好きだった『エルマーのぼうけん』をほとんどパロディしたようなものを完成させた。先生に見せると彼女はしばらく黙り込んだあとでひとこと「すごい」とだけ褒めてくれた。飛び上がるほどうれしか

見知らぬ人から「二流」と言われて陶芸を始めた【石毛宏典連載#9】

前の話へ / 連載TOPへ / 次の話へ パジャマみたいと不評だった〝最強の青ユニ〟 常勝・西武のトレードマークといえば上下、ライオンズブルーと呼ばれる青のビジター用ユニホームだった。他球団の選手から「あの上から下まで真っ青なユニホームを見ると勝てる気がせんかった。西武の選手が青のユニホームを着ている時は俺たちの本拠地だったはずなのになぁ」とぼやかれたこともある。私たちはそれほど強かったのだ。ただ、私たちの間では「このユニホームはパジャマみたいだ。早く新しいデザインにしてく

夫との面倒なセックスより推し活!?女性たちの本音

 性は生なり! 日本の婚姻関係にある人のセックスレスが48・3%(日本家族計画協会による「第9回男女の生活と意識に関する調査」)。したくない理由の1位は男性「相手が応じてくれない」、女性は「面倒くさい」と前回紹介しました。  この調査では、その他したくない理由の自由記載が実に興味深いのです。単身赴任や海外赴任、妊娠中、別居など物理的な問題以外に、「よく怒られているせいか誘える勇気が出ない」「子育てなど非協力的で、気持ちがいかない」「配偶者はいるがセックスしたい相手ではない」

カズ・ハヤシ「食いたくなったら食う。行きたくなったら行く。お金もためない!」【豪傑列伝#24】

 カズ・ハヤシは、マット界きっての食通である。プライベートでは「特にやることもない」というほどの無趣味人間だが、デビュー時から続けているのが“弾丸グルメツアー”。思い立ったら日帰りで日本全国を食べ歩いている。  プロレスと切っても切り離せないのが地方巡業だ。だからこそ、レスラーは各土地のおいしいものを知り尽くしている。特にカズは自ら「舌が肥えてる自信はある」と豪語するほど。人並み外れた食べ歩き経験がその自信を支えていた。  今では当たり前のように旅行代理店が“弾丸ツアー”

恐怖と歓喜の連続!「都電プロレス」に自腹で乗ってきた

東スポnoteをご覧くださっている皆さま、ご無沙汰しております。新幹線プロレス観戦記以来、2度目の出番がやってまいりました。総合制作部の菊池です。今回はDDTプロレスが開催した「都電プロレス」の観戦レポです。 報道やSNSでご存知の方もいらっしゃるかと思いますが、6月29日に東京さくらトラム(都電荒川線)を貸し切って車内でプロレスをするという前代未聞のイベントが開催されました。 発表されていたカードは「髙木三四郎vs鈴木みのる」シングル1試合。 観客は16人。その内の1人が

1985年、東スポの「広岡監督辞任」スクープには驚いた【石毛宏典連載#8】

前の話へ / 連載TOPへ / 次の話へ 秋山幸二、工藤公康、渡辺久信、郭泰源…若手が一気に台頭してV奪回 プロ野球が1950年に2リーグに分かれてから今年で63回目のシーズンを迎えている(注・紙面掲載当時)。その長い歴史の中でリーグ5連覇以上を達成したのは巨人と西武の2球団だけだ。  それだけ長期間にわたってチームを高いレベルで維持することは至難の業なのだろう。82、83年と2年連続日本一を達成した西武にも試練は訪れた。連覇を支えたベテランの衰えが顕著となり、84年シー

奈良・若草山「鹿せんべいとばし大会」で準優勝したものの…

 じわじわと、確実に、売れ始めているような気がしないでもないドキュメンタリー芸人・コラアゲンはいごうまん。東スポにおける〝実録連載〟を復刻しています。 ×     ×     × 「行けー!」と夢中で叫びました。所属していたワハハ本舗の演出家・喰始に「何かで優勝しろ」と命じられていたものの、ちゃぶ台返し世界大会が最下位、全国穴掘り大会が89位と結果を出せていなかった僕は、奈良・若草山で行われた「鹿せんべいとばし大会」に全てを賭けたんです。  直径20センチの競技用鹿せん

国際電話に150万円使った西村修「ケンカと愛の確認作業に…」【豪傑列伝#23】

 西村修は自他共に認める国際派レスラーだ。米国・フロリダに生活拠点を置き、これまでに訪れた国は26以上。世界レベルで活動を続けているだけに、国際人ならではの豪傑エピソードもあった。  住まいはフロリダの一等地。ヤンキース・松井秀喜の応援にも行く。散歩がてらインドに飛び立っては、気ままに欧州へ出向く。まるで渡り鳥のような生活を満喫してきた西村だが、その国際派ぶりは、予想をはるかに超えていた。  聞くだけでグッタリしてしまうが、無意味に海外を回っているのではない。新日本プロレ

知識がないからって、できないことはない

初めまして!新入社員の栗栖歩乃花です! 新入社員が任されている「新人note」。これまでの3人の文章からでも伝わるクセ強な感じ…。そんな同期と配属後、離れ離れになってしまいましたが、定期的に集まって息抜きをしています♪ それぞれ個性があって一緒に過ごしていて楽しいです! さて、同期との関係性についてはここまでにして、私は配属された「レース部」について紹介します。競馬に興味がある人にも無い人にも読んでいただけたら嬉しいなと思います。 私、競馬知らないけどできますか?まずは、

読書はノイズ、新聞もノイズ、VIVAノイズ

1か月に読む本ですか? そうですねー、今は4~5冊くらいですかね。え、そんなに読んでるのかって。いやいや、驚かれても…、だって、たったの4冊ですよ。働いていると時間が足りなくて。大学生時代、書店でバイトしていると、社割で本が買えたんです。しかも給与天引きなので、財布を気にせず、本を買えるってのがうれしくてねぇ。実際に振り込まれる現金はわずかでしたが、んなこたぁどうでも良かった(笑)。あのころは月に20冊くらいは読んでいたと思います。 やっぱり働き出してからはそうはいきません

オールスターは先輩選手から学ぶ絶好の勉強の場【石毛宏典連載#7】

前の話へ / 連載TOPへ / 次の話へ 広岡達朗さんからチームリーダーの教育を受けた 2012年1月から2月にかけて広岡達朗さんが中日や阪神などでコーチ、選手を指導している光景をニュースで見た。自ら体を動かして説明する姿は今年80歳になったとは思えないほど格好良かった。昔、私を教えてくれた時と全く変わらない。「指導者というのは自分の体で見本を見せられなければいけない」ということを持論にしているだけにきちんと自己管理をしているのだろう。広岡さんの、りんとした姿を見ると55歳

48.3%…じわじわ進む日本人のセックスレス化

 性は生なり! 3月に発表された日本家族計画協会による「第9回男女の生活と意識に関する調査」で、やはり日本人のセックスレス化がじわじわと進んでいることが分かりました。前回の2016年の調査と比べると1.1%増の48.3%。ちなみにこの調査は深刻化する少子化の原因を探り、日本の男女の性の意識を様々な側面から分析するため02年から開始されて、今回はコロナ禍を挟んで7年ぶりの実施になります。  興味深かったのは、婚姻関係にある男女のセックスに対して積極的になれない理由。男性は今回