史上初のプロ初打席満塁本塁打!〝満塁男〟が生まれた日【駒田徳広 連載#4】
見出し画像

史上初のプロ初打席満塁本塁打!〝満塁男〟が生まれた日【駒田徳広 連載#4】

東スポnote

前の話へ / 連載TOPへ / 次の話へ

僕の初打席満塁弾を喜び実家に連絡してくれた国松二軍監督の思いやり

 1983年のシーズンが開幕した。初の一軍ベンチ入りを果たしたボクは、自分が後楽園球場のグラウンドに立っているのが信じられない気持ちだった。それでも「負けゲームに代打で出て、三振してまた二軍だろうな」なんて思っていたから、そんなに緊張はしなかった。後楽園での開幕戦の異様な雰囲気を、肌で体験できただけで満足だった。

史上初の初打席満塁本塁打を放った試合後にファン対応する駒田(83年4月、後楽園)

 しかし、思いもかけない事態となる。開幕2戦目の試合前の練習中に、中畑さんが右手首を骨折したのだ。それでも一塁手には山本功児さんも控えていたので、自分が先発するとは夢にも思っていなかった。ところが、周りのムードが何だかおかしい。助監督の王さんも、この日はしきりに声をかけてくれた。そして試合直前になってボクの「7番・一塁」での先発出場が発表されたのだ。ギリギリまで発表を遅らせたのは、ボクを緊張させないための藤田監督の配慮だったのだろう。

 初打席はいきなり初回、大洋先発の右田さんから2点を先制して、なおも一死満塁という場面で回ってきた。ボクは何が何だか分からぬまま打席に立ち、あっという間に追い込まれてしまった。それでも真っすぐに振り遅れてファウルとした後の4球目のカーブを打って…。ボクは打球が右翼席へ吸い込まれていくのをぼうぜんと見つめていた。

初打席満塁本塁打を放った駒田(83年4月、後楽園)

 史上初の初打席満塁本塁打。そんなボクの活躍を何よりも喜んでくれたのが二軍監督の国松さんだった。すぐさま実家に連絡してくれて、ボクの母に「おめでとうございます。でも、これからです。大事なのはこれからなんです。どうぞこれからも息子さんのお尻を叩いてやってください」と言ってくれた。なかなかできることじゃないと思う。国松さんはそうやってボクたちを我が子のように育ててくれていた。

国松彰二軍監督(87年12月)

 また「これは一生ものだぞ。大事に取っとけよ」と言って、通路に張り出されていたその試合のメンバー表をOBの関本四十四さんがこっそりはがして手渡してくれた。そこには「7番・一塁」の欄に書かれていた中畑さんの名前が二重線で消され、ボクの名前が書き込まれていた。

この続きをみるには

この続き: 2,713文字 / 画像6枚

史上初のプロ初打席満塁本塁打!〝満塁男〟が生まれた日【駒田徳広 連載#4】

東スポnote

100円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
ありがたき幸せにございます
東スポnote
東京スポーツ新聞社の紙面で過去に掲載された連載がまとめて読めたり、ココだけしか読めないコンテンツがあったりします。できる範囲で頑張ります。