見出し画像

プロ入りのきっかけを作ってくれたのは宇和島東の上甲監督【岩村明憲連載#2】

連載TOPへ次の話へ

上甲スマイル!?とんでもなく怖かった毎日1回以上、辞めたいと思っていた宇和島東野球部時代

 僕に大きく影響を与えたのが、当時の宇和島東高校野球部の上甲正典監督との出会いでした。

 2014年9月に亡くなられた上甲監督は高校野球の名将であり、試合時に笑みを浮かべる「上甲スマイル」で甲子園ファンの間では有名な方でしたが、僕の最初の印象は「とんでもなく怖い人」でした。

 というのも、兄が先に上甲監督の下で野球をやっており、すごく厳しい方だというのは家でも聞いていました。

 上甲監督のやり方は、まず叱られ役をつくる。その叱られ役を叱っておけば、それを周りが見てピリッと引き締まるというやり方でした。

 そして、この叱られ役が僕でした。兄貴もそういう立場だったし、キャプテンを命じられた僕は自然と叱られ役になりました。

 性格的にも叱っても落ち込まないやつということで選ばれたのかもしれませんが、当時は嫌で嫌でしょうがなかったです。野球を辞めたくて仕方なかった時もありますし、実際に「辞めます」と言ったこともあります。

 一年間、365日あって、365回以上、つまり一日1回以上、辞めたいと思っていましたね。

 練習は1月1日、2日を除いて毎日あります。キャプテンという役割から気は抜けないし、クタクタでした。

画像1

上甲監督は宇和島東を11回、済美でも6回甲子園に導いた名将だった

 ただ上甲監督のやり方というのは、厳しかったけれど、決して理不尽ではありませんでした。怒るにしても、何でこうなったんだと理由付けを求められました。その上で監督が納得できなければ叱られるといった感じでした。

 練習のやり方にしてもその練習をただやらせるのではなく、なぜやらなきゃいけないのかを考えさせられた。そこで論理的に考えるようにもなったし、野球の考え方も、後々すごく役に立ちました。

 在籍時は何度も辞めたいと思うほどの厳しさでしたが、その理由を明かされたのは卒業時のことでした。すでにその時点で上甲監督の門下生では、宮出隆自さん橋本将さん平井正史さんの3人がプロ入りしていましたが3人に続き、上甲監督は「お前をプロに連れていってやらなあかん!と思ったんや」と話してくれました。

 ただその3人に比べて僕は身長が低い。その中でいかに特性を伸ばすかということで、より厳しく当たって、負けん気を引き出したというのが、監督の真意だったようです。

 現役時代は厳しかった監督もプロ入り後はびっくりするぐらい優しくなって、驚かされました。年末には必ずあいさつに伺っていたんですが、「頑張れよ」といつも励ましてくれて…。

 振り返れば、プロ入りのきっかけを作ってくれたのも監督のおかげでした。

ヤクルト新入団発表でポーズをとる岩村(96年12月)

新入団発表でポーズをとる岩村(96年12月)

全日本選抜で4番、副将、サードへ

 宇和島東高校で上甲監督の下、必死に野球に取り組んでいた僕に“転機”が訪れました。高校3年春に全日本選抜メンバーに選ばれたのです。

 4月末から5月初旬までフィリピンのマニラ遠征に行きましたが、集合した初日は完全に疎外感を味わいました。

 というのも、当時集まったのは甲子園出場メンバーばかり。直前に行われた選抜の話で周囲が盛り上がる中、「オレはいいや。こんな話聞いてもしょうがないから、部屋に戻ろう」と完全にふてくされていました。

 助けてくれたのが、明徳義塾のバッテリーを務めていた、吉川と梅山の2人でした。彼らとは練習試合で多少顔を合わせていたから、話しかけてくれてね。ホッとしたのを覚えています。

画像3

高校3年時に選ばれた全日本選抜では4番を務めることに

この続きをみるには

この続き: 2,465文字 / 画像5枚

プロ入りのきっかけを作ってくれたのは宇和島東の上甲監督【岩村明憲連載#2】

東スポnote

100円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
Me To!
2
東京スポーツ新聞社の紙面で過去に掲載された連載がまとめて読めたり、ココだけしか読めないコンテンツがあったりします。できる範囲で頑張ります。