【マーティ&上坂すみれ/前編】1限目は「戦後音楽論」2限目は「筒美京平論」を学びましょう
見出し画像

【マーティ&上坂すみれ/前編】1限目は「戦後音楽論」2限目は「筒美京平論」を学びましょう

 昭和生まれの歌手や楽曲を、平成生まれのアイドルと外国生まれのミュージシャンはどう聴くのか――。世界的ギタリストのマーティ・フリードマンが、声優・歌手として活躍する上坂すみれをゲストに迎え、戦後すぐの音楽までさかのぼって語ります。「音楽史」の教科書のようなアカデミックなトークに花が咲きます! ぜひ曲を聴きながら読んでみてください。(企画構成・アラフィフ記者F)

【戦後音楽論1】日本の歌謡曲には米国50年代テイストが残っている

上坂紙面3

 ――上坂さんは1991年生まれ。どんな音楽を聴いてきましたか

 上坂 私、メタルが好きで、学生の時はメタルを聴きながら勉強してました。80年代の「LAメタル」、ラットやモトリー・クルーとか、マーティさんがいらっしゃったメガデスも聴いてますよ(スマホを見せる)。

 マーティ これは僕が入る前のアルバムですね。でも、いまから探して聴かなくていいですよ。もう20年も前のことだから。

 ――80年代のメタルブームからカバーしているとは! 少し前に亡くなったギタリスト、エディ・ヴァン・ヘイレンのヴァン・ヘイレンも80年代に大ヒットしました

 上坂 ヴァン・ヘイレンはこのアルバムが好きで、よく聴いてます(スマホを見せる)。

 マーティ これは2枚目「VAN HALENⅡ」(邦題「伝説の爆撃機」。79年)ですね。これ聴いてるの!? 素晴らしいじゃん! 僕は1枚目と2枚目が好きです。邦楽は何を聴いてますか?

 上坂 私、生まれる少し前の曲が好きで、YMOや菊池桃子さん、中森明菜さんとか。

 マーティ それは誰の影響ですか?

 上坂 親がCDを持ってたり、車の中で聴いたり、あと家に有線が引いてあって。

 マーティ 家に有線!? 珍しくないですか。

 上坂 珍しいと知ったの最近です(笑い)。みなさん家に引いてると思ってました(笑い)。50、60、70、80、90…って年代ごとに分かれてたり、チャンネルがめちゃめちゃあって、ずっと曲が流れてました。だから曲名はわからないけど知ってる曲もあります。

 マーティ 僕も家に有線欲しいです。でもなんであったの?

 上坂 わからないです。学校では誰とも話が合わなくて、なんで聴いてないんだろうと思ってました(笑い)。

 マーティ 年代ごとの曲を聴くと、違いがよくわかるでしょ。

 上坂 わかります。それで戦後間もないころの音楽が気になって、靖国神社の遊就館のお店まで行って「戦後歌謡コレクション」的なCDを買いました。
 マーティ すごいマニアじゃん!

 上坂 聴いてると、戦後すぐ、昭和21、22、23年ぐらいの曲にジャズがすごく入ってるんです。これは米軍が駐留していたことも関係あるのかなと思ったんですが、日本人の文化を受け入れるスピードの速さにびっくりしました。

 マーティ すごい! これ大事な話ですよ! 実は僕は50年代のマニアなファンで、山下達郎さんと同じぐらいその時代の話をしたら止まらないんだけど(笑い)、日本人は米国の50年代の音楽を受け入れ、自分たちの音楽と融合して、日本的な歌謡曲を作ったんです。これが非常に面白い融合になったんですよ。

 ―――マーティさん興奮気味ですね

 マーティ そしてそのテイストが今も残ってるじゃん。これが僕みたいなアメリカ人には不思議なんです。向こうはどんどん変わって、60年代ですでに50年代の響きがなくなりました。でも日本のポップスは今も昔の歌謡曲の味、50年代のテイストがたっぷり入ってるじゃん。音色や機材は変わってるけど、メロディーセンスは昔のに通じてて、変わりません。本当に不思議です。

マーティ紙面3



 上坂 全ての国が前の曲の感じを継承しているわけでなく、受け継いでいるのは日本ならではなんですね。これ、日本の特徴だったんだ。

 マーティ そう思います。こんな話になるとは思わなかったですよ。

画像5

【戦後音楽論2】戦後歌謡曲にジャズ要素が濃い理由

 ――上坂さんが好きな戦後歌謡の曲は

 上坂 スマホに入ってるかな…。ありました。笠置シヅ子さんの「東京ブギウギ」(1947年)。素晴らしい曲ですよね。

笠置シヅ子


 ――作曲は戦前からジャズを取り入れて曲を作っていた服部良一さんですね

 マーティ 初めて聴きました。美空ひばりさんの「お祭りマンボ」(52年)を思い出す響きがありますね。この曲は内容は日本的だけど、解釈はジャズのビッグバンド時代(40年前後)のサウンドです。音階は日本的なペンタトニックスケールだから、日本人の耳に優しいメロディーです。

 上坂 私たちが聴くと普通の歌謡曲に聞こえるんですが、分析するとアメリカのジャズの要素と日本の音階が混じり合っていたんですね。面白いですね。

 マーティ サウンドはビッグバンドと変わらないけど、メロディーだけを分析したら完全に民謡的、東洋的な旋律です。ほんと、不思議な融合ですね。こういうのが面白いんですよ。この曲のどういうところが好きですか?

 上坂 わかりやすい歌詞で、同じ言葉を繰り返すところが面白いです。最近のJ―POPでもそういった曲がありますね。それに何度もカバーされている曲ですが、いつ、誰に歌われても、すてきな歌になるのがいいなと思います。

 マーティ そうですね。うん、僕もそう思います。素晴らしい。

美空ひばり

美空ひばりさんと田村正和さん

この続きをみるには

この続き: 5,564文字 / 画像11枚

【マーティ&上坂すみれ/前編】1限目は「戦後音楽論」2限目は「筒美京平論」を学びましょう

東スポnote

120円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
うれしい、たのしい、大スキ!
東京スポーツ新聞社の紙面で過去に掲載された連載がまとめて読めたり、ココだけしか読めないコンテンツがあったりします。できる範囲で頑張ります。