悪魔仮面の夢!「将来はドクター・カシンと名乗りたい」【ケンドー・カシン評伝#7・最終回】
見出し画像

悪魔仮面の夢!「将来はドクター・カシンと名乗りたい」【ケンドー・カシン評伝#7・最終回】

東スポnote

【編集部から】東スポnote限定コンテンツ「僕とカシンと法廷と~ケンドー・カシンと東スポの30年~」はおかげさまで大変好評をいただいております。ここまで過去6回すべて無料でお届けしてきましたが、Twitterなどで「これが無料でいいのか!?」「初めて知った驚愕の真実に震えがとまらない」などと疑問と称賛の声が多数上がっていることをキャッチしました。#6まででまさかの17000字超…、最終回だけ有料にしたっていいでしょう。決して編集部がヘソ曲がりになったわけではありません、ハイ。

前の話へ / 連載TOPへ 

慶應大SFCキャンパスに〝悪魔教授〟登壇で大人気

左上から時計回りに藤田和之、カシン、将軍岡本、鈴木秀樹の「はぐれIGF軍団」(16年5月)

 2016年には〝野獣〟こと藤田和之、鈴木秀樹、将軍岡本らと「はぐれIGF軍団」を結成してあちこちの団体にイチャモンをつけていたカシンだったが、独自の〝就職活動〟も怠っていなかった。何と知人の紹介により、同年4月に慶應義塾大学湘南藤沢キャンパス(SFC)環境情報学部の非常勤講師に就任したのだ。

「慶応でボクシングの非常勤講師をしていた同学年の知人が、IGFの試合で國奥麒樹真選手(元パンクラス)のセコンドをしていたので『何か仕事くれよ!』と頼んだら、SFCの准教授に話が伝わり『うちだったら仕事がある』と話がまとまった。何の実績もない人間は修士の資格がないと審査に引っかかるらしく、早稲田での修士がここで役立つとは夢にも思いませんでした」

 週1回の枠で「プロレスエクササイズ」と称した体育の授業を行うもので、内容は格闘技の動きを取り入れた体幹トレーニングを主とするものだった。これで「早慶ダブル制覇」を達成した世界初の覆面レスラーが誕生した。

黒板を使って講義するカシン(16年6月、慶大SFC柔道場)

この続きをみるには

この続き: 6,100文字 / 画像15枚

悪魔仮面の夢!「将来はドクター・カシンと名乗りたい」【ケンドー・カシン評伝#7・最終回】

東スポnote

200円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
ダンケシェン!
東スポnote
東京スポーツ新聞社の紙面で過去に掲載された連載がまとめて読めたり、ココだけしか読めないコンテンツがあったりします。できる範囲で頑張ります。