東スポnote
職人芸で初笑いを!【ロケット団の読む漫才・第10回】
見出し画像

職人芸で初笑いを!【ロケット団の読む漫才・第10回】

東スポnote

 明けましておめでとうございます。今年も時事ネタ漫才で知られる東京・浅草の実力派漫才コンビ「ロケット団」が1か月間の東スポ記事を振り返る好評連載をnoteでも公開いたします。ボケの三浦昌朗、ツッコミの倉本剛が本紙のスクープなどに斬り込む〝読む漫才〟の2022年1回目は、昨年の流行を総括する大作です。

スタート!

 三浦 今年も終わりですね

 倉本 始まったばっかりだよ! 今年もご愛読よろしくお願いします。昨年もいろいろあったね。

 三浦 一番のニュースといえば、あれしかないですよね。「神戸で三つ子の人面魚が見つかった」

21年6月10日付

 倉本 東スポの1面だろ!

 三浦 それ以外、大したニュースなかったですから。

 倉本 いっぱいあったよ! 年末には流行語大賞も発表されたし。

 三浦 予想通りでした。

 倉本 まぁそうだな。

 三浦「ああ言えば上祐」に決まりました。

 倉本 古いよ! いつの時代だよ!

 三浦 みなさんも一回は言ったんじゃないですか?

 倉本 一回も言わねーよ、忘れてたよ。

 三浦「どげんかせんといかん」とどっちかなーと思いましたけど。

 倉本 懐かしいな! 昨年は「リアル二刀流」と「ショータイム」だろ!

 三浦 大賞は違うでしょ?

 倉本 大賞はそれ。

 三浦 大賞はあれですよ、「鬼束キック」

 倉本 違うよ!

 三浦 鬼束ちひろさん、受賞おめでとうございます!

21年12月1日付

 倉本 受賞しねーよ! 昨年はなんといっても大谷選手でしょ!

21年7月9日付

 三浦 確かにね。「小谷さん」って言うと「大谷だよ!」って言ってくれるんですよね?

 倉本 アンジャッシュの「児嶋だよ!」みたいに言わないだろ。

 三浦 まあ、昨年は毎朝、起きたらスマホ見るのが日課になってましたからね。

 倉本 今日は打ったかなーってね。

 三浦 眠い目こすりながら毎朝、スマホをぱっと見て、ゲームするっていうのが日課でした。

 倉本 ゲームすんのかよ! 大谷の成績を見ろよ! 朝から何やってんだよ! 流行語といえば「うっせぇわ」もトップ10に入ったな。

 三浦 記者会見で眞子さんが国民に対して言った言葉でしたっけ?

 倉本 違うわ! やめなさい! 歌だよ!

 三浦 はやりましたよねー、ウドさんの歌でしょ?

 倉本 Adoだよ!

 三浦 udoですよね?

 倉本 Adoだよ! 歌手だから。

 三浦 知らないです。

 倉本 なんでだよ! 子供とかすげー歌ってたよ。

 三浦 確かにはやりましたけど、おじさんには早口すぎてわかんないんですよ。

 倉本 確かに。

 三浦 天野くん! 天野くん! 天野くん!

 倉本 それウド鈴木さんだろ。あとは「親ガチャ」とか。

 三浦 ガチャガチャしたら親が出てくるやつですね。300円でガチャガチャ回したら「お、ひろこだ」って。

 倉本 うちのおふくろだろ! 意味わかんないから、ガチャガチャから親が出てくるって。

 三浦 そうですよね、どっちかっていうと出てきたのはお前だもんな。

 倉本 うるせーよ! 子供は親を選べない、みたいな意味らしい。

 三浦 もし親がガチャピンだったら親ガチャピンていうんですかね?

 倉本 知らねーよ。21年は五輪関連もたくさんありましたよ。

 三浦 ぽん攻めでしたっけ?

 倉本 ゴン攻めだよ!

 三浦 ドッカドカ。

 倉本 ビッタビタな。

 三浦 サンドウィッチ伯爵でしたっけ?

 倉本 ぼったくり男爵だよ!

 三浦 あと杉村太蔵。

 倉本 スギムライジングだよ! 東京パラリンピック・ボッチャで金メダルの杉村英孝選手の得意技。全部違うじゃねーか!

動画!

 いや~、流行語ってロケット団さんのためにあるんですね。毎年毎年、発表された言葉を天才的な〝料理法〟で漫才にするんですが、もはや職人技。最後の畳みかけるボケなんて、2人のスピード感満点のやり取りが目に浮かびます。動画で見たら最高でしょうね…ってことでどうぞ!

 ろけっとだん(みうら・まさあき=1974年7月10日生まれ、山形市出身。くらもと・ごう=1977年5月5日生まれ、東京都出身)。98年、所属劇団内でコンビ結成。浅草芸能大賞新人賞(2006年)をはじめ、各賞受賞。11年、真打昇進。漫才協会理事。師匠はおぼん・こぼん。所属事務所はサンドウィッチマンと同じ、グレープカンパニー。初の冠ラジオ番組「ロケット団の定例ラジオ」(ニッポン放送)が放送中。


みんなにも読んでほしいですか?

オススメした記事はフォロワーのタイムラインに表示されます!
この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
うれしい、たのしい、大スキ!
東スポnote
東京スポーツ新聞社の紙面で過去に掲載された連載がまとめて読めたり、ココだけしか読めないコンテンツがあったりします。できる範囲で頑張ります。