現役医師が明かす!「日本人は小さい説」に根拠はない
見出し画像

現役医師が明かす!「日本人は小さい説」に根拠はない

お悩み解決!雑談のネタにも!

 性にまつわる悩みというのは誰かに相談しづらいですよね。だからネットで調べる人も多いでしょうが、その情報、正しいですか? 実は世の中には間違った情報や噂を信じて、悩みを大きくしてしまっている人が多いようです。東スポnoteでは、そんな皆さんの一助になれるよう、男性専門外科クリニックで働く現役医師・吉江秀和氏をお招きしました。性に関する医学論文を紹介しながら、正しい知識をプレゼントしてくれます。雑談のネタにもなるので、読んで損はナシ!

論文は語る

 皆さん、はじめまして、吉江です。男性専門外科クリニック で働いていると、たくさんの方々から相談を受けます。特に多いのが性に関するものなんですが、他人に聞きづらいことだからでしょう、迷信に振り回されていたり、正しい知識を持っていない人が目に付きます。

 例えば、皆さんはペニスの平均サイズってご存じですか? 知っていれば、「自分はそれより大きめなんだな」などと判断できますが、知らないとどうでしょう。自信のない方ですと、「自分のペニスはめちゃくちゃ小さいのではないか…」と心配になってしまうことがあります。平均値から大きくかけ離れているわけではないのに、必要以上の不安を感じてしまう…そのような人もいるのかもしれませんね 。

画像3

 そんな皆さんの〝ぼんやりした不安〟を解消するにはどうしたらいいか。現場に立つ人間として大切にしているのは、やはり正しい数字や知識です。実は、世の中には、男性器の大きさや射精に関するものはもちろん、女性が何を求めているか等を研究したデータがいくつもあります。悩みに対する答えとともに、私はそんな医学論文を根拠として示すようにしています。このnoteでも、皆さんのお悩み解決につながるような性の知識を、論文とともに紹介していこうと思います。気楽にお付き合いください。

 と、ここで終わっては先ほどのサイズの答えが気になってしまいますよね。世界におけるペニスの平均サイズはどれぐらいなのか。2015年、「BJU International」という医学雑誌に掲載された論文によると、平均値は通常時で長さ9・16センチ、太さ(根元の円周)9・31センチ。勃起時は約1・5倍の長さ13・12センチ、太さ11・66センチです。世界の17~91歳の男性1万5521人を対象にした調査で、白人中心のデータになりますが、現時点でペニスの大きさに関して、科学的に信頼度が最も高い論文の1つになります。

画像4

日本人は小さくない!

 では、日本人の平均は? 「外国人と比べて日本人のペニスはかなり小さい」というぼんやりとしたイメージでコンプレックスを感じていたり、ペニスの世界平均を見て不安になったり自信をなくしたりする人も多いですが、勃起時に関して言えば、日本人のサイズは長くて、若干細いようです。

画像1

 なぜそのようなことが言えるのかというと、実は次のような調査結果があります。オナホールで有名なTENGA社が、自分のペニスに最適なオナホールを探すという、アンケート調査です。サンプルは50万人ほど。その結果はというと、日本人のペニスの大きさは勃起時の長さ13・56センチ、太さ(円周)10・01センチでした。ただし、このデータには注意点が。それは「自己申告制」だということ。自己申告だと、ちょっと大きめに申告する(分かる気もします…)、間違った測定方法での計測といった〝客観性に欠ける〟場合があり、医学的に正確ではありません。50万人もの大規模な調査ができたのは自己申告制のメリットでしょう。しかし、やはり医師などの第三者が測る方が正確です。

テンガ

 また、こんなデータも。日本人男性419人のペニスサイズを調査した論文が2019年「International Journal of Urology」という医学雑誌に発表されています。「日本人男性における陰茎のサイズと伸張率:横断的死体研究」というその論文で、20歳代~80歳代の全年齢平均7・7センチ程度という結果でした。年齢による大きな差はなく、〝ペニスは思春期の段階で急速に大きくなり、その後はほとんど変わらない〟ことがわかりました。この研究はご遺体を調査したものなので、死後硬直などで生前と比べて大きさが変化しちゃった可能性もあり、そのせいで結果が〝やや小さめ〟になっているとも言われています。

 以上のように論文などをチェックしてみると、「日本人のサイズがすごく小さい」というデータはないんです。卑屈になることもありませんよ。

 吉江秀和(よしえ・ひでかず)吉江秀和(よしえ・ひでかず)医学博士、大手男性専門クリニック本院院長。男性医学の第一人者である熊本悦明氏が立ち上げた「東京テストステロン研究会」に所属し、共に男性医学の啓蒙を行っている。人気サイト「ペニス偏差値チェッカー」も主宰。

【引用論文】

Veale David, et al. “Am I normal? A systematic review and construction of nomograms for flaccid and erect penis length and circumference in up to 15521 men”. BJU International 2015 ;115 (6): 978–986.

Motofumi Suzuki et al. “Penile size and stretched rate in a Japanese male population: A cross-sectional cadaveric study” . International Journal of Urology 2019 Sep;26(9):936-937.


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
うれしい、たのしい、大スキ!
東京スポーツ新聞社の紙面で過去に掲載された連載がまとめて読めたり、ココだけしか読めないコンテンツがあったりします。できる範囲で頑張ります。