マガジンのカバー画像

【野球】太田幸司「永遠の快腕貴公子」

10
この連載は2008年7月8日から9月12日まで全40回で紙面に掲載されたものを、note用にリパッケージしたものです。
運営しているクリエイター

記事一覧

固定された記事

元祖・甲子園アイドルが明かす栄光と苦悩【太田幸司連載#1】

はじめに いよいよ今週19日から阪神甲子園球場で第93回選抜高校野球大会が始まる。昨年は…

1年前

野球をやめるつもりの僕に舞い込んだトレード、そして〝最後〟はあの球場に導かれ…【…

前の話へ / 連載TOPへ ジャンボ尾崎さんの活躍に触発され、プロゴルファー転向を決意!? …

100
1年前

過熱する人気、プロ入り後に初めて味わったスランプ。2年目の球宴は悲しくて苦しくて…

前の話へ / 連載TOPへ / 次の話へ ドラフト会議、意外だった近鉄の指名に僕は迷った …

100
1年前

田舎のチームが甲子園に行ける!初めて泣いた高2の夏【太田幸司連載#2】

連載TOPへ / 次の話へ 雪上ランニングと階段上りで、球がうなって走るように 三沢高の冬…

100
1年前

甲子園を経験して田舎の弱小チームが変わった【太田幸司連載#3】

前の話へ / 連載TOPへ / 次の話へ 北国チームにとって関西は地獄の暑さ 新大阪駅は地…

100
1年前

センバツで名門の浪商と激闘。そして最後の夏が…【太田幸司連載#4】

前の話へ / 連載TOPへ / 次の話へ センバツ初戦勝利も肩に違和感が… ボクたちは三沢…

100
1年前

最後の夏!優勝候補・平安戦では〝甲子園の神様〟が味方してくれた【太田幸司連載#5】

前の話へ / 連載TOPへ / 次の話へ 正捕手が負傷…盗塁フリーパスでも完封 ボクの球を受けた正捕手の小比類巻は2、3歩前に出て返球する。ボクも同じように2、3歩前に出て捕球する。昭和44年(1969年)夏の青森県予選準決勝。岩手県勢との北奥羽大会進出をかけた弘前高との一戦で、試合中盤に右指を負傷した小比類巻はまともにボールを投げることはできなかった。  3回に先制した三沢高は4、5回にも1点ずつ加えて3―0とリードしていた。ボクは「この点差があれば十分だ。走るなら走れ

スキ
4
有料
100

田舎チームが遂に甲子園の決勝に!〝伝説の一戦〟がプレーボール!【太田幸司連載#6】

前の話へ / 連載TOPへ / 次の話へ 決勝進出を決めた瞬間、初めて訪れた充実感 甲子園…

100
1年前

無情のジャッジと白球のいたずら〝伝説の延長15回裏〟は終わらず、史上初の引き分け再…

前の話へ / 連載TOPへ / 次の話へ サヨナラ勝ちを確信した次の瞬間…!!敵ながらあっ…

100
1年前

甲子園が終わって2か月。凱旋準優勝パレードの沿道は人、人、人【太田幸司連載#8】

前の話へ / 連載TOPへ / 次の話へ 1人で27回383球を投げ抜いて、インタビューで…

100
1年前