マガジンのカバー画像

【プロ野球】岩村明憲「ガンガンいこうぜ」

10
球界でも独自の存在感を放ってきたのが現在、ルートインBCリーグ・福島レッドホープスの球団代表を務める岩村明憲監督。「何苦楚魂」を座右の銘に掲げ、道を切り開いてきた岩村氏が、自身の… もっと読む
運営しているクリエイター

#プロ野球

東スポ1面にされたバット投げつけ事件の真相「バット〝は〟投げつけてない」【岩村明…

 球界でも独自の存在感を放ってきたのが現在、ルートインBCリーグ・福島レッドホープスの球…

7か月前

プロ入りのきっかけを作ってくれたのは宇和島東の上甲監督【岩村明憲連載#2】

連載TOPへ/次の話へ 上甲スマイル!?とんでもなく怖かった毎日1回以上、辞めたいと思っ…

100
7か月前

池山→岩村→青木→山田!ミスタースワローズの象徴、背番号「1」を引き継いで…【岩…

前の話へ/連載TOPへ/次の話へ 勝ち気で奪ったプロ3年目のレギュラー プロ1年目、高卒新…

100
7か月前

感激!新婚旅行で訪れたフロリダで親友・ラミレスが用意してくれたサプライズ【岩村明…

 前の話へ/連載TOPへ/次の話へ ラミレスに学んだ〝暗黙のルール〟 今回は僕にとっては“…

100
7か月前

超重量1300グラムのマスコットバットを使って良かったこと、悪かったこと【岩村明憲連…

 前の話へ/連載TOPへ/次の話へ ビジョンをしっかり持っていた稲葉さん 今回はヤクルト時…

100
7か月前

2004年、起用法でもめた若松監督が笑顔を見せてくれるまで…【岩村明憲連載#6】

 前の話へ/連載TOPへ/次の話へ 外野コンバート案にカチンときて「オレもう出なくていいで…

100
7か月前

本塁打でホームインした際に空に向けて指さしするのは「おかん、見てるか」の思いから【岩村明憲連載#7】

 前の話へ/連載TOPへ/次の話へ 世界へ目を向ける原点だった母の存在 2004年は僕にとってはキャリアハイの成績を残すなど充実したシーズンとなりましたが、プライベートでは苦しみを抱えていました。 最愛の母にメジャーで戦う姿を見せたかった(母・美千代さん、父・芳明さんと)  最愛の母、美千代が初夏のころ、肺がんと診断されたのです。たばこも一切吸わず、美容室を長年切り盛りするなど、それまで病気とはほとんど縁がなかった人なので、家族全員が驚き、悲しむと同時にすぐに対策を練り

スキ
4
有料
100

「お前も男だな」、ある乱闘をきっかけにチームメートと〝ファミリー〟に【岩村明憲連…

前の話へ/連載TOPへ/次の話へ ナインの負け犬根性払拭に苦労した 僕が2007年からプレ…

100
7か月前

野球は筋書きのないドラマ…とわかっていても劇的すぎた2009年WBC決勝【岩村明憲連載#…

前の話へ/連載TOPへ/次の話へ チーム初のワールドシリーズ!決戦直前、ナインに闘魂を注入…

100
6か月前

メジャーから日本球界復帰、そして独立リーグの監督となって見えたこと【岩村明憲連載…

前の話へ/連載TOPへ 足首の痛みをごまかした後悔 2009年のWBCを連覇で終え、チーム…

100
6か月前